MT4にて自動売買ツールを動かす設定

このページではMT4にて自動売買ツールを動かす設定方法を解説します。

※以下の説明はすべてVPSにログインした状態で設定をしてください。

XMのダウンロード

Google ChromeからXMのサイトにアクセスして、『プラットフォーム』を押します。

『PC対応MT4』をクリックします。

『ダウンロード』を押します。

Google Chromeの左下にexeファイルがダウンロードされるので、クリックします。

これでXMのMT4のダウンロードは完了です。

 

ログインとEURUSD1分足の表示

ご自身のリアルサーバー
ID
パスワード

にてログインします。

チャートが4つ表示されていますが、EURUSDの1分足のみ利用するため、他のチャートは消します。

 

自動売買ツールの設置

次に提供したEAを設置します。

『ファイル』→『データフォルダを開く』をクリックします。

『MQL4』をクリック。

『Exprerts』をクリック。

お渡しした自動売買ツールを『Experts』のフォルダにドラッグ&ドロップで移動します。

ポイント

EAをVPSでダウンロードするには、VPSにログインした状態でWEB版のDiscordを開き、そちらからダウンロードされると良いです。EAのファイルは開けないのでデスクトップに「保存」してくださいませ。

設置したら一度、XMのMT4を落とします。落としたらデスクトップから再び起動してください。

 

自動売買ツールの設定

次に自動売買ツールを設定します。

『エキスパートアドバイザ』を右クリック → 『更新』を押します。

その後『エキスパートアドバイザ』の左の+ボタンを押して展開します。

自動売買ツールをチャートにドラッグ&ドロップします。

『全般』から上記のように設定します。

『パラメーター』から細かい設定をします。

1番注意して頂きたい点は『Lots』の部分です。lotは証拠金がいくらであれ0.01lotを推奨にしています。

証拠金が大きければ大きいほど破綻する確率が減るからです。

 

LotExponent ナンピン時のマーチン比率
Slip スリッページの許容量
Lots 1回目にエントリーする時のロット
TakeProfit 利確設定
⇒30.0を設定した場合、3Pipsで利確になります
PipStep ナンピン設定
⇒70.0を設定した場合、7Pips逆行したら2ポジション目をエントリーします
MaxTrades 最大保有ポジション数
UseEquityStop 損切設定
⇒推奨は不使用。使用する場合はtrueに設定してください
TotalEquityRisk 損切比率設定
⇒100万円の口座で20.0を指定した場合、当EAでの保有ポジションの損益がマイナス20万円になった時点で全ポジションをクローズします。(UseEquityStopをflase設定にしている場合、こちらの数値設定は無効となります。)

 

設定が完了したら『OK』を押します。

『自動売買』をクリックします。画面右上の顔がニコちゃんマークになれば自動売買が動いている合図です。

このままXMのMT4を起動したまま、VPSを切っても24時間稼働し続けます。

 

スマホで自動売買の結果を確認

スマホのアプリにMT4をダウンロードする事で、パソコンの電源を入れなくても毎日の結果が見れます。

『Meta Trader4』と入力してアプリをダウンロードします。

アプリのダウンロード後は「デモ口座」が勝手に作られてしまうので、左上の三本線をクリックして、「口座管理」から本口座にログインします。

画面右上の+ボタンより、ご自身のXMサーバー、ID、パスワードを入力してログインします。

 

更新日:

Copyright© ミートくんの資産運用ブログ , 2019 All Rights Reserved.